読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・億万ページ  

blogの世界は億万ページ、いつかアナタに辿りつきたい、本日の1ページ。

散歩のお供に、チープなショルダーバッグを探しておりました。チェコ軍のショルダーバッグが素敵なチープ品と気付きました。

 

一流ブランド品とか、たとえば王室御用達とか、

一生モノで高価だけれど作者在銘中は生涯保証とか、

そういうモノがここ数年間でゼンゼン合わなくなって、

愛着も未練もひとまとめにして、全部、ポイッ!

ナゼか特にカバン類が身辺から無くなりました。

 

ここ数年のチープなモノ選びはやっと身の丈に気づいて、

自分の中のどこかが変わってしまったンでしょうねー。

 

スッキリしたのですが、ほんの少々、…困ってました。

 

使っていた「良き品々」が身辺から消えて行きますが、

身の回りにあるモノで消えないのは、ノートだけ、

それ以外の物は自分から流れ去るように消えて行ってます。

 

もっと変わればノートも要らなくなるンでしょうが、

今のところノートは「思考の外在化」としていつも座右に。

どこへ行くにも、家の中でも、外出するときも、

ノート一冊を片手掴みで持ち歩いています。

外出で両手を使いたいときはノートを脇に挟みます。

 

散歩の時は、両手を振って、ゆっくりと、

景色を眺めながら歩くと気持ちがいいので、

ノートはズボンのポケットに突っ込んでいます、が、

うーん、ナンダカ、突っ張るなー、お尻まわりが。

なんとか解決してみたい…、良い方向で。

 

そうだ、チープさが素敵な、軽いショルダーバッグ、

頭陀袋みたいで、でも存在感を主張しないバッグ、

そういうバッグが有れば、そこへノートを入れよう。

 

ついでに、ペットボトルも入れておけば、

行く道でコクワでも見つけたら少し摘み取って、

バッグの中へボン、散歩がピクニックになりそう。

 

チェコ軍のショルダーパッグが目につきました。

 

f:id:e145:20170115212425j:plain

 

手に入れたのが、コレです。

デッドストックの新品ですが

アチコチにゴム印が押されていたりして、

生地も経年変化でヨレて、いかにも中古。

 

寸法は、タテ23×ヨコ28×マチ10cm

材質は綿で、色はグリーンですが、

光線の具合で茶色にも見えます。

ベルトも綿ですが、薄くてペラペラです。

 

内容量は、無印良品の週刊誌ノートが入ります。

試しにギュウギュウに詰めたら10冊入りました。

 

入り口を3センチほど折り込んでフタを閉じます。

折り込んで隙間がないので小さなモノが落ちません。

ふーん、チープなのによく、考えているんだー。

 

フタは、2ヵ所のボタンで留めています。

紋章入りのボタンを丸ヒモで引っ掛けています。

後期のチェコ軍ショルダーバッグの留めは、

丸ヒモじゃなくて平ヒモになっているようですが、

チープさには変わりはありません。

 

f:id:e145:20170115212531j:plain

 

中を覗いて見ると、底無しのポケットが2つ、

底有りのポケットが1つ、付いていました。

兵士諸君はナニを入れていたのでしょうか。

 

実際にバッグに入れたいのは、ノート一冊とメモ帳、

それと、お茶を詰めたペッドボトルが1本。

まだゆとり有り、サンドイッチなら2人分入りそう。

 

f:id:e145:20170115212646j:plain

 

底板も補強芯地も入っていないので、クニャクニャ。

自分では自立しませんので、インナーを入れました。

百均の透明な書類ポーチをインナーに加工して、中へ。

 

思惑通りに、チープで、使いやすそうなショルダーです。

 

天気良し、気分良し、足の筋肉ムズムズ、さてと…、

散歩です、バッグをたすき掛けにして歩き出しました。

西へ向かって約2km、路上は自分一人の気持ち良さ。

 

いやーイイですねー、軽くて身にピッタリ寄り添って、

もし知り合いとすれ違っても誰もバッグに注目しません。

チープで、主張しないショルダーバッグ、コレですよ。

 

暮れなずむ夕日の中を、ユックリと歩いていると…、

 

クルマが追いついて窓を開けて知り合いが声を掛けます、

「なにトボトボ歩いているの、頭陀袋なんか下げて、

行き倒れンといてネ…、いいからクルマに乗んなヨ」

 

深くお辞儀をして謝絶して、立ち去るクルマに合掌。

西行 →頭陀袋→行き倒れ→三途の川→六文銭…。

 

うーん、バッグの中に、六文銭も入れておくかー。

それとも今様に相応の500円玉を入れておくかー。

 

f:id:e145:20170115212800j:plain

 

想いは、西の空へと、飛んで行く。

 

また聞きであやふやだけど、戦闘機のパイロットは、

万が一に備えて500円玉をポケットに入れている、とか。

アレは地上を歩いて生還するためのおカネと聞いたけど…。

 

それとも…、三途の川の、渡し賃?

 

そうだ、この事を、ノートに書いておこう。

チープなバッグから安い週刊誌ノートをパッと取り出して、

ササッと「6文銭=約500円」と書き留める。

 

いいねー、

チェコ軍のショルダーバッグ、

 

♪ ジャン、ジャン!